Adobe Edge Preview

Adobe Edge は、アドビシステムズが現在開発中の新しいアニメーションツールです。Flash のようなアニメーションをHTMLやCSS、JavaScriptといったWebの標準技術を使って作成することができます。

本日、Adobe Labsから公開されたAdobe Edgeは、ベータ版でもアルファ版でもなく、非常に早い段階でユーザーフィードバックを得るためのプレビュー版となります。したがって、利用できる機能は限定的になりますが、どのような製品であるのかを確認するには十分なビルドになっています。

今後も新たな機能が追加されたプレビュー版が何度かリリースされる予定です。

この投稿の続きを読む

Flash Builder 4.5.1 on Mac OS X 10.7 Lion

Flash Builder の Mac OS X 10.7 (Lion) 対応について、プロダクトマネージャーの Andrew Shorten (@ashorten) が Flex Team Blog に互換性に関する情報を投稿しました。

これは先週発表されたCS製品群のLionに関する互換性情報のアップデート情報です。先週のLion対応発表では、Flash Builder / Flash Catalyst を使用するユーザーには Lion へのアップグレードを推奨しない、と伝えていました。

Mac OS X Lion (10.7)に関する互換性情報 (PDF)

この内容は、Appleから配布されたプレリリース版の Lion で検証した結果を踏まえてのことでしたが、最終版(リリース版)での再検証の結果、Flash Builder 4.5.1 を Lion で利用した際に深刻な問題が発生しないことが分かりました。

この投稿の続きを読む

Flash Builder 4.5.1 無償アップデーター

5/20に発売開始された Flash Builder 4.5 では、Flex フレームワークを使った場合、AIR for Android アプリケーションの書き出しにのみ対応していましたが、Flash Builder 4.5.1 無償アップデーターでは、Blackberry Tablet OS と iOS 向けのFlex モバイル AIR アプリケーション書き出しにも対応しました。
この投稿の続きを読む

Flash Builder 4.5 + AIR 2.7 SDK

Flash Builder 4.5 に AIR 2.7 SDKをインストールする方法です。バージョンに関係なく使える方法ですので、この組み合わせ以外でも大丈夫なはずです。

この投稿の続きを読む

ADC MEETUP Round01 モバイルを攻略せよ / アドビセッション資料

Adobe Developer Connection presents, ADC MEETUP の記念すべき第1回目が6/11(土)13:00-17:30(ベルサール新宿)で開催されました。午前中は雨が降りしきっていましたが、300人以上の参加者が集い、熱気で満ちていました。(途中、空調が効き過ぎて寒かったりして…)

ADC MEETUPイベントは、ADCサイトの記事連動型イベントということで、限られた時間のセッションで盛り込めない部分については、しっかりとADC記事でフォローできるようになっています。また、各セッションの動画は、ADC presents としてAdobe TVに掲載される予定です。このように、新たなADC NETWORKで様々な情報を配信していくADC 2.0構想が始動しました。

また、ADCの日本語Twitterアカウントも設置されています。

Twitter : @ADCJP_Adobe

ADC新着記事やイベント情報などをTweetしていますので、チェックしてみてください。

この投稿の続きを読む

Adobe AIR 2.7 リリース

AIR 2.7 がリリースされました。AIR 2.6 で iOS に正式に対応した後、このバージョンで iOS 上でのパフォーマンス向上を達成しています。

実際にどれくらいのパフォーマンス向上となったのかは、左のグラフ(クリックで拡大)をご覧下さい。

AIR 2.6 では、iOS サポートとして主にAPI実装に着手していたため、iOS上では fps(Frame Per Second)が非常に低いのが分かります。GPUレンダリングを行っても、ActionScript3のみで記述したアプリで30fps を超える程度です。

一方、AIR 2.7 では、Flexフレームワークを使っても CPU / GPU どちらでも 30fps 以上出ているのが分かります。アプリケーションにも依りますが、一般的なアプリケーションであれば 30fps 出ていれば違和感を感じることはありません。

実際に、AIR 2.7 がどれくらい iOS 上でサクサク動くようになったかを比較した動画がありますので、チェックしてみてください。なお、動画の再生時間も2分7秒という点もアツいです。

 

AIR Runtime Helper (ARH)

ARHのダウンロードURL

以前、AIRアプリケーションがインストール先のOSでどのようなIDで管理されているのかを知りたいという問い合わせを受け、OSID Generatorを紹介しました。現在は、AIR Runtime Helper (ARH)に組み込まれ、IDの生成ロジックもAIR 1.5.3のタイミングで変更されています。

各プラットフォーム用に以下のダウンロードURLから入手可能となっています。

Mac: http://airdownload.adobe.com/air/distribution/latest/mac/arh
Win: http://airdownload.adobe.com/air/distribution/latest/win/arh.exe
Linux: http://airdownload.adobe.com/air/distribution/latest/lin/arh

ARHとは?

ARHを使うと以下のようなことができます。

  • AIRランタイムのインストールの有無
  • インストールされているAIRランタイムのバージョン番号の取得
  • AIRアプリケーションのインストール
  • AIRアプリケーションのアンインストール
  • インストールされたアプリケーションの状態を照会
  • インストールされたアプリケーションを検索
  • インストールされたアプリケーションのバージョン番号の取得

通常のAIRアプリケーション開発者の方は使用することは殆どないと思いますが、AIRアプリのLauncherを作っていたり、業務システムなどでAIRを導入している管理者の方などは使うかもしれません。

ARHの詳しい使用法についてはAdobe AIR ランタイム再配ガイド / ARH ユーティリティの使用をご覧下さい。

Dreamweaver CS5.5 のAndroid SDK 簡単セットアップの注意点

本日5/20よりAdobe Creative Suite 5.5の発売および体験版DLが開始されました。Dreamweaver CS5.5(以下、DW CS5.5) も本日より使えるので、Androidアプリ開発に興味ある方は本バージョンから搭載されたPhoneGapサポート機能でHTMLとJavaScriptからAndroidアプリを作ることができます。

Androidアプリ開発をする場合、一般的にはGoogleのサイトからAndroid SDKをDLしてセットアップする、というちょっと面倒な作業が発生します。しかし、DW CS5.5ではこれらの面倒な作業をボタン一発で済ませてくれる簡単セットアップの機能があります。

しかし、日本での発売前にGoogleがAndroid SDKのDL用URLを変更してしまいました。(Android SDKのファイル名が変わったため)

このままだとDW CS5.5の有り難い簡単セットアップ機能は使えません。アドビからアップデーターを出す予定ですが、それまではDW CS5.5のセットアップ用JSファイルをこちらの手順(英語)で上書きしてください。

 

6/16追記

Dreamweaver CS5.5 の Android SDK簡易インストール機能のアップデーターが6/10に公開されました。Dreamweaver CS5.5を立ち上げ、ヘルプ>アップデートからアップデーターを入手してください。

濃厚スープパスタ 雰囲気レシピ

そうだスープパスタを食べよう

スープパスタ完成の図昨年、完成イメージだけで適当に開発したスープパスタが自分好みの味で旨かったので、また作ってみました。基本的には何を入れてもいいことになっているので、レシピも適当なことになる訳です。

ということで、前回のタコ豆腐レシピとは違って、雰囲気で見るレシピのご紹介。行間を読んで頂くことを強く推奨いたします…

この投稿の続きを読む

Mac OS上のFirefoxとChromeでのFlash Player IMEサポート

Mac OS上でFlash PlayerのIME入力を使用する場合、OSのバージョンとブラウザの種類(Firefox4とChrome)によって注意が必要です。アドビだけで修正対応が可能な問題ではなく、ブラウザのNPAPIの修正が必要となります。Flash Player 10.2の出荷時には、このNPAPI修正が間に合わなかったため、以下のような組み合わせでIME入力に問題が発生します。

Flash Player 10.2

10.5 + Firefox 4 : × IME入力不可
10.5 + Chrome 10 : × IME入力不可
10.6 + Firefox 4 : × IME入力不可
10.6 + Chrome 10 : × IME入力不可

Flash Player 10.3(2011年上半期リリース予定)では、NPAPI修正が間に合っているため問題が解決されます。ただし、Mac OS 10.5のChromeにおいて、Googleが対象NPAPIの修正を見送ったようなので、今後のFlash PlayerのリリースでもMac OS 10.5 + Chromeの組み合わせでIME問題が解決しない場合があります。

Flash Player 10.3

10.5 + Firefox 4 : ◎ IME入力可
10.5 + Chrome 10 : × IME入力不可
10.6 + Firefox 4 : ◎ IME入力可
10.6 + Chrome 10 : ◎ IME入力可