AIR Native Extensions 利用時の最低動作 iOS バージョン設定について

MinimumOSVersion

ANE のおさらい

AIR 3 からサポートされたネイティブ拡張機能(AIR Native Extensions、以下 ANE)を使うことで、Mac/Win/iOS/Android などの OS 固有の機能にアクセスすることができます。ANE の利用方法や作成方法は ADCAdobe Developer Connection)でも解説されています。

ANE に関する日本語の ADC 記事

初めての人は、以下の順番で読むと分かり易いと思います。

すぐ試せる ANE ファイル

また、サンプルやコミュニティが開発した ANE ファイルも用意されていますので、すぐにトライしたい場合はこちらをどうぞ。

最低動作 iOS バージョン設定はできるのか?

さて、前置きが長くなりましたが、先日 iOS 向けに ANE を使った AIR アプリケーション開発をしている方から問い合わせがあった内容について一部共有しておきます。問い合わせの内容は、

「ANE 利用時に最低動作 iOS バージョンを設定できない」 この投稿の続きを読む

Trouble in installing Flash Builder 4.6

11/30にリリースされた Flash Builder 4.6 ですが、Flash Builder 4.5.x からは無償でアップグレードできます。ただし、今回はアップデーターではなくフルバージョンのインストールが必要となります。つまり、Flash Builder 4.5.x をアンインストールし、続いて Flash Builder 4.6 をインストールするという方法をとる必要があります。

その際に幾つが問題が発生する場合がありますので、アドビのサポートページに公開された方法で対処してください。

なお、Flash Builder 4.6  のインストーラーは、体験版のダウンロードページから入手してください。

FLASH MEETUP

モバイル Flash Player の新規開発中止の発表後、Flash ユーザーの周りには不安な憶測が飛び回っているかと思います。これはアドビがきちんとしたコミュニケーションの手順を踏まずに発表してしまったことが原因だったと思います。

そこで、アドビ本社から Flash コミュニティに対して、きちんと説明をするべく、以下の3名が Flash の現状と今後について説明するミーティングを12/6(火)19時よりゲートシティ大崎のホールBで開催することになりました。

この投稿の続きを読む

Flex SDK will be handed over to Spoon Project

Flex SDK は今後 Spoon Project に

Flex Team Blog の投稿「Your Questions About Flex」(概訳 by akihiro kamijo) に Flex SDK が今後オープンソース団体に移管されるという発表がなされました。そのオープンソース団体は、Open Spoon Foundation であり Board member には、アドビ社員の Garth Braithwaite も名を連ねています。

この投稿の続きを読む

Stage3D unsupported hardware info

Flash Player 11 / Adobe AIR 3 から導入された Stage3D の非サポートGPU情報についてのサポートページ(英語)を紹介しておきます。

Stage3D unsupported chipsets, drivers | Flash Player 11, AIR 3

サポート対象外の GPU の場合、CPU レンダリングにフォールバックしますが、それでも過去バージョンの Flash Player や AIR よりも(場合によっては10倍)高速に動作します。(LinuxはGPUサポート対象外なのでCPUにフォールバック)

なお、ユーザーの使用しているGPU名の取得に関しては、プライバシー上取得できない仕様になっています。

現時点の Flash ランタイムバージョンでは Stage3D は PC のみで、モバイル対応は来年の上半期になる見込みです。

Flex 4.6 New Spark Components Preview

先日、Flex 4.6 SDK と Flash Builder 4.6 が発表されました。年内にリリースされる予定ですが、すでにプレリリースプログラムの募集も開始されているので、応募した開発者はリリース前に試すことができます。今回は、Flex 4.6 SDK に追加予定のコンポーネントを少しだけ紹介します。(リリース前なので、ソースコードは割愛)

この投稿の続きを読む

Flash Platform Error Messages

開発時に重要なのことは、エラーが発生した時にその内容を見極めて的確に対処することです。Flash Platformの開発では以下の3つに注意します。

  • コンパイルエラー
  • コンパイラー警告
  • ランタイムエラー

コンパイルエラーとコンパイラー警告は、Flash ProfessionalやFlash Builderなどの開発ツールを使用時には専用のパネルに表示されます。ランタイムエラーは、デバッグプレーヤーで実行した時にランタイムが出すダイアログに表示されます。

この投稿の続きを読む

Adobe Edge Preview

Adobe Edge は、アドビシステムズが現在開発中の新しいアニメーションツールです。Flash のようなアニメーションをHTMLやCSS、JavaScriptといったWebの標準技術を使って作成することができます。

本日、Adobe Labsから公開されたAdobe Edgeは、ベータ版でもアルファ版でもなく、非常に早い段階でユーザーフィードバックを得るためのプレビュー版となります。したがって、利用できる機能は限定的になりますが、どのような製品であるのかを確認するには十分なビルドになっています。

今後も新たな機能が追加されたプレビュー版が何度かリリースされる予定です。

この投稿の続きを読む

Flash Builder 4.5.1 on Mac OS X 10.7 Lion

Flash Builder の Mac OS X 10.7 (Lion) 対応について、プロダクトマネージャーの Andrew Shorten (@ashorten) が Flex Team Blog に互換性に関する情報を投稿しました。

これは先週発表されたCS製品群のLionに関する互換性情報のアップデート情報です。先週のLion対応発表では、Flash Builder / Flash Catalyst を使用するユーザーには Lion へのアップグレードを推奨しない、と伝えていました。

Mac OS X Lion (10.7)に関する互換性情報 (PDF)

この内容は、Appleから配布されたプレリリース版の Lion で検証した結果を踏まえてのことでしたが、最終版(リリース版)での再検証の結果、Flash Builder 4.5.1 を Lion で利用した際に深刻な問題が発生しないことが分かりました。

この投稿の続きを読む

Flash Builder 4.5.1 無償アップデーター

5/20に発売開始された Flash Builder 4.5 では、Flex フレームワークを使った場合、AIR for Android アプリケーションの書き出しにのみ対応していましたが、Flash Builder 4.5.1 無償アップデーターでは、Blackberry Tablet OS と iOS 向けのFlex モバイル AIR アプリケーション書き出しにも対応しました。
この投稿の続きを読む