Flash Builder 4.5 + AIR 2.7 SDK

Flash Builder 4.5 に AIR 2.7 SDKをインストールする方法です。バージョンに関係なく使える方法ですので、この組み合わせ以外でも大丈夫なはずです。

1. Flash Builderを終了せさる

2. (オプション)Flex SDK のバックアップをコピーしておく。
※バックアップはオプションですが、失敗した時のために実施しておくことをオススメします。

以下はデフォルトのFlex SDKの場所:

  • Windows : c:¥Program Files¥Adobe¥Flash Builder 4.5¥sdks¥4.5.0
  • Mac OS : /Applications/Adobe Flash Builder 4.5/sdks/4.5.0

3. AIR SDK をダウンロード
※USサイトもJPサイトも同じビルドを配布しています

  • Windows: AdobeAIRSDK.zip
  • Mac OS: AdobeAIRSDK.tbz2

4. ダウンロードした AIR SDK を解凍し、既存の Flex SDK にマージする
ダウンロードした AIR SDK を Flex SDK (今回は「4.5.0」フォルダ)にコピーして解凍し、マージする。
※Mac OSでは、不用意にフォルダをドラッグ&ドロップなどをするとマージではなく、上書きになってしまうので注意してください。以下の方法で実施すると大丈夫です。

tar jxvf AdobeAIRSDK.tbz2

パーミッションの問題が発生した場合はこの方法で実施する。

sudo tar jxvf AdobeAIRSDK.tbz2

5. Flash Builder を起動する

6. AIR 2.7 をデフォルトに設定する
特にiOS向けのパフォーマンスが大幅に向上した AIR 2.7 をデフォルトに設定する。

ファイル>新規>Flex モバイルプロジェクトからプロジェクト設定のダイアログで以下の「Flex SDK の設定…」をクリック

インストールされている Flex SDK のダイアログを表示し、追加ボタンをクリック。
※このダイアログは、環境設定>Flash Builder>インストールされている Flex SDKからでも開けます。
※画像はFlex 4.5.1がベースになっていますが、4.5.0でも同じです。

「Flex SDK を追加」のダイアログが表示されたら、Flex SDKの場所と名前を指定。

Flex SDK の場所:/Applications/Adobe Flash Builder 4.5/sdks/4.5.0 + AIR 2.7
Flex SDK 名 : 4.5.0 + AIR 2.7

追加したら、インストールされている SDK で「4.5.0 + AIR 2.7」にチェックを入れデフォルトのSDKに設定。

OKボタンを押して、もとのダイアログに戻るとデフォルトのSDKが変更されているか確認。

※ AIR 2.7 をデフォルトの AIR SDK バージョンに指定すると、既存の AIR 2.6 プロジェクトでエラーが表示されますが、[アプリ名]-app.xmlの2行目のAIRのバージョン指定を2.7に変更するだけで対処可能です。

<application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/2.7">

参考:How to Overlay the AIR SDK for Use With the Flex SDK

広告

2 Responses to Flash Builder 4.5 + AIR 2.7 SDK

  1. ピンバック: Flash Builder 4.5.1 無償アップデーター « ksk studio

  2. さるぼぼ says:

    とても参考になりました。ありがとうございます(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。