Mac OS上のFirefoxとChromeでのFlash Player IMEサポート

Mac OS上でFlash PlayerのIME入力を使用する場合、OSのバージョンとブラウザの種類(Firefox4とChrome)によって注意が必要です。アドビだけで修正対応が可能な問題ではなく、ブラウザのNPAPIの修正が必要となります。Flash Player 10.2の出荷時には、このNPAPI修正が間に合わなかったため、以下のような組み合わせでIME入力に問題が発生します。

Flash Player 10.2

10.5 + Firefox 4 : × IME入力不可
10.5 + Chrome 10 : × IME入力不可
10.6 + Firefox 4 : × IME入力不可
10.6 + Chrome 10 : × IME入力不可

Flash Player 10.3(2011年上半期リリース予定)では、NPAPI修正が間に合っているため問題が解決されます。ただし、Mac OS 10.5のChromeにおいて、Googleが対象NPAPIの修正を見送ったようなので、今後のFlash PlayerのリリースでもMac OS 10.5 + Chromeの組み合わせでIME問題が解決しない場合があります。

Flash Player 10.3

10.5 + Firefox 4 : ◎ IME入力可
10.5 + Chrome 10 : × IME入力不可
10.6 + Firefox 4 : ◎ IME入力可
10.6 + Chrome 10 : ◎ IME入力可

Flash Builder 4.5 for PHP

PHPの開発ツールであるZend Studio 8を同梱した新たなFlash Builderが登場しました。アドビとZendは以前から協力関係にありましたが、完全に開発環境が統合された製品はこれが初めてとなります。

新規プロジェクト作成でFlex/PHPプロジェクトを作成し、クライアントサイドとサーバーサイドのデバッグが両方可能になります。問題の切り分けにも便利な機能だと言えます。

Flash Builder 4.5の機能がそのまま使えますので、Androidなどのモバイルアプリも開発が可能です。残念ながら英語版(International English Edition)のみの販売となります。